ブログ

LrとPsアップデートを最速インプレッション

Adobeの画像処理ソフト、Lr(Lightroom)とPs(Photoshop)が昨日アップデートされました。

Lrは「生成AI削除」ツールが新たに実装されました。
これはPsで使って来た「生成塗りつぶし」機能と同じです。
ただ、Psの様に提案が3つ提示されたり、何度でもやり直しが出来るかというと、1つの提案だけで、1回きりと使い勝手は遥かに及びません。

「早期アクセス」と表示されたベータ版的位置づけなので、今後に期待したいところです。

LrとPsアップデートを最速インプレッション

選択範囲を拡張する機能として存在していた「カラー範囲」と「輝度範囲」が単独で使用可能となりました。

使用感や、精度に関しては違いは感じられませんでした。
用途に合わせて、今まで通り使えると思います。

LrとPsアップデートを最速インプレッション

3つ目のアップデートは、「ぼかし(レンズ)」です。
これは「早期アクセス」として搭載されていた機能が、正式に採用された様です。

被写体の前後を、光学的なボケに仕上げてくれる機能ですが、選択範囲の細かい部分の調整などは、ここでもPsに軍配が上がってしまいます。
「生成塗りつぶし」同様、Psを使えないアマチュア向けの機能と言えます。

LrとPsアップデートを最速インプレッション

さてPsですが、こちらは「調整ブラシツール」なるものが実装されました。

LrとPsアップデートを最速インプレッション

LrとPsアップデートを最速インプレッション

このブラシで塗った場所が、バーで選んでおいた項目の効果を得られるというものです。

私は従来からクイックマスク・モードでブラシを使用して選択範囲を作り、調整レイヤーでトーンカーブ等を適用してきたので今さら、このツールが実装されたことに???となってしまいました。
しかも塗った段階で自動的に、その効果の適用量が勝手に調整されてしまうのは、困ります。
特にトーンカーブではRGB各チャンネルまで変化していました。

それよりも、最近は選択範囲の自動化が進んでいるので、CameraRAWフィルタを使っての調整の方が圧倒的に早いです。
レイヤーをスマート・オブジェクトにしておけば、このCameraRAWフィルターも、調整レイヤー同様に何度となく、やり直せることも、こちらを多用する理由です。

そんな訳で、今回の両アップデートは,、業務に大きな変革をもたらすものとはなりませんでした。
ただ、そういった事の積み重ねが、ブレイクスルーに繋がると言う事を付け加えて、インプレッションを終わりたいと思います。

お問い合わせ

電話する

トップに戻る