ブログ

いよいよ

キヤノンのサイトにティザー広告がでました。
まず、ミラーレス一眼の新商品R-5に間違い無いでしょう。

このカテゴリーはソニーがいち早く参入し、次々と新製品を投入することで完成度を上げると同時にシェアを獲得しました。
また、レンズをアダプターの利用により純正以外でも使えるとした事も、ヒットした理由だと思います。
有る意味、純粋なカメラメーカーでは無かったからこそ出来た事だったかと。

それに対し、キヤノンやニコンと言ったカメラメーカーは大きく出遅れました。
逆を言うと、そこまでその分野の需要が大きくなると思わなかったのではないでしょうか?
それで、慌ててだしたのがEOS−Rだった?
カメラメーカーは良くも悪くもその誇りをもって看板掛けてるので、壊れたり不具合といった事に非常に敏感。
それ故、すぐに発売とはなりません。
そんなところも、発売が遅れた大きな原因のひとつ。

そんなキヤノンが満を持して発売するR-5
全回のRで不評だったものは全て洗い直したそうです。
噂されている画素数も4500万画素と5Dsよりも抑えたのはダイナミックレンジの向上などを考えての事なのかと考えています。(あるいは8K動画を録画するためのサイズ)
連写数も問題無し、ボディ内手ぶれ補正はレンズISと同時に使用すると最強?
従来の一眼では無理だった顔や瞳を検出するAFが嬉しい。
なにより、今の1系ボディの重さから開放されるのが嬉しい。
その重さたるや、テニスプレイヤーだった私。
テニスでテニス肘になってないのに、このカメラでテニス肘となってしまったのだから。
しかも両肘。

あとは、資金繰りだけ・・・。

Contact

TEL.0883-53-9977

FAX.050-8806-1003

Contact

お問い合わせ

電話する

トップに戻る