ブログ

デジタル写真の色に関するお話。

デジタル写真において重要な事の一つは色の管理です。
モニターに映されている画像の色やコントラストを信用出来なければ写真の補正は意味を成しません。

その為には定期的なモニターのキャリブレーションはもちろんの事、その作業環境も重要です。
その部屋の照明を色評価用照明にする事は当然ですが、自然光が入らない配慮も必要です。

それから、目を落としがちですが作業環境を無彩色にすることも重要です。
人の目は色も自動的に補整し、無彩色にしようとする機能を持っています。
例えば原色の赤が壁紙に貼られていた場合、補色のシアンが目に残像として現れてしまいます。
つまり、シアン色のサングラスをかけて仕事している状態となってしまう訳です。

美しい写真を作るには作業環境も大切だというお話でした。

Contact

TEL.0883-53-9977

FAX.050-8806-1003

Contact

お問い合わせ

電話する

トップに戻る